ぷよぴたっ!

ゴルファーズ検定

星座占い



にほんのうた 第一集
CDをプレイヤーに入れて、まず耳に入る三波春夫+コーネリアスの「赤とんぼ」が面白い。
エレクトロニックな要素は極力排され、渋いヴォーカルに寄り添うような静かな伴奏が心地よい。
他にも、静謐さを湛えたグリッチ・ノイズに淡く強いヴォーカルが乗ることで、身を切るようにせつない仕上がりになった坂本龍一+中谷美紀の「小さい秋みつけた」、
ジャジーでスウィンギンなリズムが楽しい八代亜紀の「証城寺の狸囃子」、
テクノ方面で活躍している金原千恵子ストリングスを従えたくめさゆりの「旅愁」など、
ノスタルジーに訴えるエモーショナルな作品が多い。
秋の夜長にしみじみと聴きこみたい。
期待していたヤン富田(ドゥーピーズ)は、ミニマルな感じで、これまたエレクトロニックな要素は少なく、ちょっとがっかり。
カヒミ・カリィはいつものようにウィスパー・ヴォイス。大友良英のギターもギャンギャンに唸ることなく、声に静かに寄り添う。

 

BEAT SPACE NINE
私はBENNIE Kが好きでこのCDを買ったのですが他の曲も、しっとりした感じの曲やノリノリで聞ける曲もあってm-floらしい雰囲気をかもしだしていて私自身、良かったと思います。今後の発展を願って星4つにしました。

 

みんな大好き塊魂オリジナルサウンドトラック 「塊は魂」
サントラも好評だった、名作「塊魂」の続編「みんな大好き塊魂」のCD。

前作のインパクトは、「あの人が真面目な顔してこんな曲を!」
「この人ちゃんと歌えたんだ(笑)!」というサプライズが大半だったかと
思うが今回はそのサプライズが無い。

というか、宮崎・おっぱい占いの歌・吐夢を選んじゃった辺りで
もう前作を超えることは永遠に叶わなくなったんだと思う。
人選と曲のミスマッチが面白かったのであって、それが一致しちゃったら
そりゃただのネタか歌だ。あえて挙げないが、この傾向は他にもある。

という事で「真面目な顔してこんな曲」は本作にはもう無い。

サプライズ=面白い、笑えるだけじゃないのだが、そこを見誤って単純に
面白くしようとした気配を感じる。そこが嫌だった。よって減点。

各自の曲が悪いわけではないので、星4つだが、次回はどうなんだろう?
続編というのは難しいなぁと他人ながら思った。


 

KARIE ON TV FROM TRATTORIA [VHS]
アニメちびまるこちゃんのオープニング曲に起用されたりと、カヒミカリイが最も渋谷系の女神として一般的に知名度が上がっていた時のミュージッククリップ集です。もう10年も前の映像ですが、サウンド、映像のセンス、何よりカヒミカリイ自身が今の視点で見ても全く古びておらず、いまも変わらない魅力を当時と同じように受け取れるのが素晴らしい。

 

ビデオ・シングルス [VHS]
カヒミファンは絶対見ておくべきですよ。
Candymanはすごく可愛いです。
全体的にはアンニュイでシンプルなクリップだなと思います。
Bonjor Line はCDではもう手に入らないので、
このビデオでチェックして欲しいです。

 

Muhlifein [DVD]
実際にこのライブを見たものです
じつは、トラペジストのツアーも行ったんですが、そのときはアルバム収録曲をきっちり収録曲順に演奏していたのでそーいうタイプの人なのかなと思ってました

が、今回はDiversやDavid Hamilton、kinskiといった前のアルバムからも選曲されていて、アレンジもnunkiバージョンでとても新鮮でした
ジム・オルークもメンバーにいたのですが、エレクトロというよりも、バンドサウンドが強い感じで意外でした。話題をさらった外山明さんの、水槽の水をバチャバチャたたくドラミングもすてきです。

問題があったとすれば、それはカヒミさんのMC。ボソボソと小さな声で話していたので、なにについて話しているのかぜんぜん聞き取れませんでした。
そこらへんはDVDで楽しめたらいいなと思ってます
ボーナストラックには取り下ろしのオフショット映像がつくそうなのでそっちも楽しみです

 

いちばんきれいな水 [DVD]
 「見た目は大人なのに中身は精神年齢8才」という役を、加藤ローサがうまく演じています。見た目と中身のギャップが面白かったです。そして、「姉が妹みたで妹が姉」みたいな逆な感じが面白かったです。

 中盤に愛に振り回される夏美のシーンは面白かったです。でも、もう少しあってもよかったと思ったので、少し残念でした。でも、ラストにかけての、「いちばんきれいな水」のあるところのシーンはよかったです。そして、そのあとの、叔母が撮った写真の真実が分かるシーンもよかったです。
 少し残念だったところは、矛盾点です。どんな作品でも矛盾点はあるものですが、やはり気になってしまいました。気になったところは、着物と水泳です。

 なかなかいい映画なので、見たことがない人にはお勧めしたいです。「いま会いにゆきます」のような、「少し不思議な設定」の映画が好きな人は気に入ってもらえると思います。

 

『のびのび子育て』 月刊クーヨン2008年 09月号増刊 [雑誌]
世界の様々な幼児教育法とそれらを実践している日本の教育機関を紹介してくれていて大変興味深いです。北欧の幼児教育方法は、ゆったりとしているものであったが、保育スタッフが日本に比べると非常に充実しているのが印象的です。特に保育士さんの他に幼児教育専門家が付き教育方法を検討したりするのは、日本の教育とは別な意味で非常に充実した教育システムが存在するのだなと感心しました。
最初から詰め込まず、学ぶことの基礎体力づくりをする必要があることを痛感しました。

 

KAHIMI KARIE+MARQUEE
写真集サイズかと思ったら、ふつうのコミックマンガ本一冊分ぐらいのサイズ。
ちょっと小さすぎる。

中身も、過去のMARQUEEからのものを再収録しているけど
たとえばその号収録のものを全て載せてるのかと思ったら、中途半端な枚数だけ。
全部見たかったら、バックナンバー買わなきゃいけない。
エッセイも、抜群しただけなので全てを記録したわけではないです。

撮り下ろしの写真も、すごいいい写真が見開きのちょうど真ん中で
顔が見えなかったり・・・。

3500円は高すぎるような。ただでさえ冊数が少なくて値段が上がってるのに。

それでもカヒミは美しい…、見る価値があるなぁとは思わせてくれますので
星4つでも問題ないです。

 

リテレール (No13)
特集はカヒミ・カリィ。
と言っても、ファンがまず期待する本人のビジュアルは一切ありません。活字のみです。
編集部から、各執筆者(「渋谷系(恥ずかしい死語ですね)」には縁のなかった人たちが多い)にカヒミの資料を送りつけ、
受けた印象で自由に文章を書いてもらう、というのが主な企画です。

高山宏やら松浦寿輝やら、おじさんたちが
「ほほう、最近はこんなもんが人気あるのか…」とびびりつつも、
精一杯「大人の余裕」を振りかざしてスカした文章を書き付けているのが血が出そうになるくらいおっさんくさく、気の毒にも笑えます。
そんな中で、しりあがり寿の4コマ『カヒミさん』はとても面白く、
かつカヒミへの距離の取り方がとてもスマートだなあと惚れ惚れしました。
カヒミと金子國義の対談も載っています。
この対談としりあがりの4コマを読むだけでも買う価値ありです。


 

カヒミ・カリィ 動画

Kahimi Karie - Elastic Girl




人気動画


やまだ紫 ガロの時代を読む 2/5
道の駅 【但馬ドライブ】 入江トンネル東口交差点→道の駅あゆの里矢田川前
英雄伝説 英雄伝説Ⅵ 空の軌跡 SC OP
ベン・ハー "King of Kings Prelude" by Miklos Rozsa Shu at Piano
Kevin Costner Waterworld Original Film Trailer
高中正義 高中正義 PALM STREET〜TAKANAKA SUPER LIVE 2005
ケツメイシ 「さくら」~ケツメイシ
金曜日の妻たちへ 金曜日の妻たちへⅡ 男たちよ、元気かい? 1984年放送
ロックマン フォルテ ロックマン&フォルテ ダイナモマンステージ
ハイファ haifa wehbe

カヒミ・カリィ 情報


よゐこ
激突!
宮部みゆき
Loading...